痩せ菌を増やすために食べたいものは?

痩せ菌についてもっと知ろう!これを読めば痩せ菌効果も100倍!

 

腸内には様々な菌が住んでます。

 

 

そのバランスをコントロールすることが、健康やダイエットの鍵となります。

 

 

そのためには栄養バランスのとれた食事をすることが大切ですが、特に痩せ菌ともいえるクリステンセネラセエや善玉のクロストリジウム、フィーカリバクテリウムを増やすにはコツがあります。

 

 

難しい名前の細菌ですが、これらを増やすことで効果がでるのでよく聞いてください。

 

 

まず大事なのは「レジスタントスターチ」といわれる難消化性でんぷんを摂取することが必要です。

 

 

これらは俗に冷たい炭水化物に含まれると言われます。

 

 

例えば冷たいおにぎりやポテトサラダ、茹でた大豆を冷やしたものなどです。

 

 

rikon

 

 

これらレジスタントスターチは痩せ菌の餌になるんです。

 

 

その結果、腸内で痩せ菌が増えていくんです。

 

 

これと同様に発酵食品にも同様のさようがあり腸内環境そのものを改善するので是非積極的に取り入れることをお勧めします。

 

 

まとめ
レジスタントスターチ(冷たいおにぎりなど)を摂取して痩せ菌の餌をとりいれよう!
そうすると痩せ菌が増えるから!

 

 

そもそも痩せ菌ってなによ?口コミだけではわからない痩せ菌の真実

 

腸内細菌には乳酸菌やビフィズス菌のような善玉菌もあれば、ウェルシュ菌と言われる悪玉菌もあります。

 

 

rikon

 

 

これらの中にダイエットに深く影響している菌が分かってきたそうです。

 

 

それが痩せ菌です。腸内バランスを見たときに痩せ菌が多い人は文字通りやせ形に、そうでない人は肥満になることが分かりました。

 

 

生物学誌「セル」にはクリステンセネラセエという腸内細菌が多い人は痩せる傾向にある事を発表しました。

 

 

このようにダイエットには腸内環境を見直すこと、さらにいうと痩せ菌を増やすことがだいじだと言えます。

 

痩せ菌を徹底サポート!食事の内容を見直す。

 

痩せ菌を育てるいわゆる「育菌」

 

 

育菌には普段から腸に良い食事をすることが大事です。

 

 

特に便秘は腸内フローラを崩す最大の敵と認識しましょう。

 

 

わたしたちは腸内フローラを整えるために便秘にならない食生活を送るべきです。

 

 

夜型の生活や運動不足、ストレスの為に腸がうまく働かず、便秘や下痢を繰り返してる人は規則正しい生活に戻しましょう。

 

 

「便秘には食物繊維が良い」からと言って、ごぼうや玄米ばかりとると腸のオーバーワークでお腹がはり、腸内フローラが崩れ、痩せ菌が減ってしまいます。

 

 

痩せ菌を減らしてしまうその他の要因

冷たい飲み物
脂っこい料理
唐辛子などの刺激系の料理

 

rikon

 

育菌、痩せ菌を増やすためにすべきこと

 

痩せ菌を効果的に増やしていくためには、まずこんなことをしてみよう!

 

温野菜サラダや刻みやさいのスープ、みそ汁など腸を温めるものを朝食にする。
就寝時間の3時間前までに夕食は済ませる
デスクワークの人は腹筋が弱くなるので運動を心がける。
お腹が空かない人は唐辛子系のスパイスで腸を刺激すると、活発になる。
ダイエットだからといって、食事抜きは絶対にダメ!まずは腹八分目ダイエットが良い。

 

 

 

痩せ菌